医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛の施術後には一時的に皮膚は軽い火傷のようになり、赤みを帯びたりヒリヒリすることがあります。体を温めるような入浴やサウナはやめて軽くシャワーで流すようにしましょう。医療レーザー脱毛の副作用として肌のバリア機能が低下していますので、毛穴にバイキンが入り炎症を起こすとニキビのような毛膿炎を起こすことがあります。毛膿炎は毛の太いVラインや脇の部分に起こりやすく、数日たっても赤みが消えない場合は施術したクリニックで相談しましょう。日常生活での日光にも過敏になっていますので、屋内だからと安心せずに長袖や日焼け止めで肌を守りましょう。ムダ毛が無くなって汗が直接噴き出すように感じることがありますが、量が増えたわけではありません。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛を行う時には少なくなっているとはいえ火傷が発生する可能性があることを覚えておく必要があります。その理由は十分な熱を毛根に与えなければ永久脱毛としての効果を十分に発揮することができないからです。そのためクリニックを選ぶときにはアフターケアーが充実しているかどうかをあらかじめ確認してから治療を受けることが大事です。そうすることで打ち漏れや再照射が原因で起こる副作用が起こった場合でもその保証がきくことができます。またテスト照射をして肌に合うかどうかを確かめることができます。

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

人気の高いクリニックの医療レーザー脱毛の施術のメリットを理解するにあたり、代表的なプランの内容を欠かさずにチェックすることが良いでしょう。
特に、ワキ汗やワキガの症状の程度は、人それぞれの肌質やホルモンのバランスなどに影響を受けやすいことが分かっており、短期間のうちに便利な情報をキャッチすることが大事です。
また、副作用の危険性の低い医療レーザー脱毛の口コミの内容をチェックするうえで、脱毛に関連した勘違いをなくすことが重要です。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

医療レーザー脱毛では毛根の深部までレーザー照射を行いますので、脱毛後は肌にも一時的に強いダメージを与えています。その為、アフターケアを間違えると副作用として肌トラブルが発生することもありますので注意が必要です。レーザー照射後に紫外線を浴びるとシミになったり、色素沈着を起こす可能性があります。また、日焼けした部位にレーザーをあててしまうと、火傷を起こす危険性があります。レーザー照射直後は熱エネルギーが残っていますので、お風呂やサウナなど肌が熱せられることは避けましょう。ヒリヒリする際には照射部を冷やすと赤みになることが防げます。また、肌がダメージを受けているため、保湿液やクリームなどでしっかりケアをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です